プロアクトのビューティー講座

食べてダイエット
最近少し太ってきたなぁと感じている方、今年こそはダイエットに挑戦してみませんか?日常のちょこっとした心がけがダイエットに結びつきますよ。

どうして太る、この体?

ダイエットのために

体は家計のようなもの。収入と支出が同じなら金は貯まらないし、支出を減らせばどんどん 貯まりますね。

体にとっての「収入」は食べ物によって摂取するエネルギー、「支出」は消費エネルギーで す。食べてばかりで消費しなければ、当然脂肪がたまります。でも、食べないのは体に悪い 。無理のない健康なダイエットのためには、きちんと食べ、消費エネルギーを高めることが 大切なのです。

では消費エネルギーとは何でしょうか。ちょっと難しくなりますが、消費エネルギーには「 基礎代謝」「生活活動代謝」「食事誘導性熱代謝」の3種類があります。


「基礎活動代謝」というのは生命維持のために使われているエネルギーで寝ていても消費されます。

「生活活動代謝」は、日常生活で動いたり、運動したりするときに消費されるエネルギー。

「食事誘導性熱代謝」は、食べたものを消化するために使われるエネルギーです。

これらの消費エネルギーを高めれば、自然にスッキリボディーになるというわけです。

間違ったダイエットで肌のつやまでなくなり、やる気が起きなくなっていませんか?くれぐ れも健康的なダイエットを心がけましょう。

基礎代謝グラフ
楽しくダイエット
摂取エネルギーを抑え、消費エネルギーを高める3つのポイントをご紹介します。

1.基礎代謝は鈍ってない?

肥満にならないために

基礎代謝が鈍ると肥満のもとになります。次のような症状の人は早めに解消して、基礎代謝 を活発にしましょう。

  • 毎朝起き抜けにコップ1杯の水を飲み、朝食は必ず摂る。
  • 朝のトイレはゆっくり。
  • 水分をタップリ摂る。
  • 食物繊維やビタミンを多く含む、野菜、海藻、きのこ、こんにゃくなどをたっぷり摂る。
  • ストレスをなくし、体を動かして規則正しい生活を心がける。

便秘気味なの・・・

体温が低いかも・・・

朝起きたときの体温が36度未満なら、体温を上げる工夫を。体温が一度上がると基礎代謝は 13%上がるといわれています。

  • 温かい食事を摂る、根野菜を摂る。
  • 料理に香辛料を使う。
  • 運動する。
  • 入浴で十分温まる。
  • 薄着をしない。

冷え・むくみ、セルライトがある・・・

水分代謝のよくない人は、体内に溜まった水分を脂肪細胞が抱き込んで大きくなり、セルラ イト(脂肪のかたまり)ができます。すると血管が圧迫されて冷えが起こり、代謝が鈍って さらにむくみや冷えに・・・と悪循環をたどります。

  • 塩分の多い食品(スナック菓子やインスタント食品など)やビタミンをあまり含んでいな い食品を控える。
  • カリウムの多いバナナやイモ類を多く摂る。
  • マッサージや半身浴で循環をよくする。

2.食事はバラウンスよく

体は必要な栄養素が不足すると、「もっと欲しい」と求め続けます。いくら食べてもバラン スが悪ければ食欲はおさまりません。
ダイエットのオススメ

食べ方にもコツがあるので要注意!次のような食べ方は太る要因になります。

  • 食事を抜く、まとめ食い、不規則な食事、早食い
  • 夜に1日の食事量の半分を摂る
  • 夜遅くに食事をする
  • 清涼飲料水、調味料を多く摂る

3.家事でシェイプアップ

家事もやり方ひとつで有酸素運動に。
家事でダイエット
ダイエットエクササイズは持続してこそ効果を発揮します。毎日の家事にあわせて、ちょっとした工夫をすることで何気なく日常の生活に取り入れることができます。バランスよく食事をし、有酸素運動を心がけましょう。

アルコールも飲み方しだいでダイエット

アルコールも上手に飲めばダイエットの味方になります。日本酒やビールよりも、糖質分の 含まれていない焼酎やウイスキーがいいでしょう。

酒の肴は脂質を避け、高たんぱく質のもの(ササミの梅シソ焼・アサリの酒蒸し・イカ刺身 ・甘えびなど)を。アルコールで体の活性エネルギーが高まり、たんぱく質がどんどん吸収 されることで臓器や筋肉が補強され、消費エネルギーを高めることができます。アミノ酸ダ イエットと同じ効果が得られます。

関連商品